CEDEC 2009

2009/09/12(土)  − CEDEC 2009 − IMAGIRE DAY

 CEDEC 2009 ならびに IMAGIRE DAY 2009 今年も無事終了しました。 ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 やや遅くなってしまいましたが、私の担当したセッションのスライドを公開します。

CEDEC2009_Anti-DownsizedBufferArtifacts_SHORT.ppt(講演用 7.93 MB)
CEDEC2009_Anti-DownsizedBufferArtifacts.ppt(オリジナル全長版 10.3MB)

 DownsizedBufferArtifacts_SHORT.ppt は、本番セッションで使用した短縮/簡略版のスライドです。 DownsizedBufferArtifacts.ppt はオリジナル版のスライドです。
 短縮版は口頭での説明があることを前提に簡略化しているページもありますので、 できるだけオリジナル版をご覧になることをお勧めします。

 CEDEC 2007/2008 と光学系のやや複雑な話を中心に講演してきました。 まずはどういった現象があるかということを知って欲しいという意図もありましたが、 「もっとすぐ役に立つ内容にして欲しい」との要望もありました。 だからという訳でもありませんが、今回は少しコンセプトを変えて 「明日にでもすぐに使える技術」的な内容にしてみました。

 セッションでも最初に話しましたが、技術ネタとしては4〜5年以上前のものです。 しかし、大きな問題である割にこれまであまり話題になることが無かったことと、 ある意味既に枯れた技術ということで実用性が高く、実装も容易ですぐ試せることから今回のネタに採用しました。 IMAGIRE DAY としては非常にゆるい内容です。スライドには数式は1つもありません。

 今年の CEDEC ですが、やや遠いのは難ではありましたが、 会場(パシフィコ横浜)は非常に良かったですね。 定員オーバーで聴講できないような事態も、 少なくとも昨年と比べるとかなり少なかったろうと思います。
ただ、三日目 IMAGIRE DAY でメインホールを占有してしまったのが恐縮です。

 CEDEC AWARDS 応援してくださった方々、ありがとうございました。

 裏CEDEC はとても無難でしたね。

Masa's Columnに戻る
ホームページに戻る
本ページの御意見・御感想は

E-Mail: masa at daionet.gr.jp